『後悔しない死の迎え方』サイン入り

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

1000人の看取りに接した看護師が教える
『後悔しない死の迎え方』
著者 後閑 愛実 のサイン入り

人は自分の死を自覚した時、
あるいは死ぬ時に何を思うのか。
15年間にわたり医療現場で
1000人以上の患者に関わってきた看護師が体験した、
現実でのさまざまな死の迎え方を紹介しつつ、
死に際した本人や家族にとって
後悔を残さない最期の迎え方の秘訣を
具体的に説いていく。



【著者プロフィール】

後閑愛実(ごかんめぐみ)
看取りコミュニケーション講師 正看護師
群馬パース看護短期大学卒業後、2003年より看護師として病院勤務。1000人以上の患者と関わる中で、様々な患者を看取る。看取ってきた患者から学んだことを生かして、看護師をしながら看取りの際のコミュニケーションの方法を、2013年より研修・講演を通して伝えている。雑誌「月刊ナーシング」で連載中「まんがでわかるはじめての看取りケア」の原作執筆を担当(2020年3月号終了)。
ダイヤモンド・オンライン / 読売新聞医療系ポータルサイト ヨミドクター「看取りのチカラ」 / 上毛新聞「視点オピニオン」 / キャリズム看護師転職サイトで連載中の「ナースでいこう!」など連載多数



料金 1500円
(書籍1430円(税込み)+サイン+送料)